絶対合格司法書士 独学での勉強法

独学で司法書士試験に合格するブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

情報の集約化、一元化 

>>絶対合格司法書士トップページ

以前ご質問のあった情報の集約化、一元化についての記事です☆
>>FC2ブログランキング
>>にほんブログ村 資格ブログ
LECの書籍が最大10%OFF!5%ポイント還元!司法書士 LEC
司法書士試験に限らず、資格試験、大学受験等あらゆる試験で

情報の集約がキーになってくる。


ある知識を何度も同じ場所で確認することにより

記憶は定着しやすくなり、

また毎回確認する場所を決めておけば

未出の周辺知識を追加した際にも

次回からは、既出の知識を確認した際に

未出の周辺知識も確認できるようになる。



覚えなければいけない知識が膨大だからこそ

司法書士試験での情報の集約は

不可欠の作業になる。



そこで、この情報の集約の方法。

これは単に自分の考えなので、あくまで参考までにしていただいて

早く自分にあった方法を見つけてください。


まず、集約する先。
①テキスト
②ノート
③問題集(過去問)

一番オーソドックスで手間がかからないのがテキスト。

もともとある程度の情報量が載っているので

書き込むことによって集約する量が他の二つより極端に少なく手間がかからない。

ただ、全範囲を網羅しているテキストは現状市販されていないこと、

テキストだと無駄な部分が多く、さっと見返す時に情報量が多く時間がかかること

自分で作ることによる定着効果が薄れることが欠点。


次がノート。

一からすべて手作りだととてつもない時間がかかる半面、

一度作ってしまえば全範囲の復習がかなり速くでき、

自分の弱点、ポイントを押さえてるので無駄がない。


最後が過去問。

やってる人は少ないと思うけど、自分はこの方法。

一度過去問を解けば、これまでやってきた模試、問題集の知識まで一通り復習でき、

書き込む量もテキストよりは多いが、ノートよりははるかに少ない。

本当に必要な知識(=過去問の知識)とダイレクトに比較でき、

さらにアウトプット形式でのインプットが可能(過去問問題ページに問題を追加する等)

よく間違える問題を記録することで弱点ノートの役目もあり、

無駄なく全範囲の復習も可能。

何年も使うことで最強の過去問になる。…と思います(笑)




次が、何を集約するか。

個人的には、問題集、模試、過去問、なんでもいいから自分で解いて

わからなかったらまとめる(絶対出ない分野や、正答率10%以下なんかは例外)

これをあとで確認した時にわかる状態にしておく。


なんでするかというと、

ある知識を後で確認するときに、どこにその知識があるかを確認できるようにするため。

過去問にダイレクトに集約してもいいし、もしくはGoogle化でもOK。

この知識がわからなければ、テキスト何ページを見ろ!ノートを見ろ!過去問の何問目を見ろ!

なんかでも集約化の一つ。

自分の過去問も、「民法○○問目参照」といったメモが過去問の解説ページに結構書いてあります。

もちろん「実戦択一カード○ページ」や、「完全択一民法○ページ」なんかも

結構あります。



そして最終目標は、

過去問の知識100%に加え、プラスαの知識を定着させて

試験で合格点を取ること。


後で確認できること、という条件さえ満たしていれば

どんなやり方でも問題ないと思います。


以上です☆

☆ビジネスブログランキング100選☆
応援宜しくお願いします→
  ビジネスブログ100選

↓☆他のランキングはこちらから☆↓
にほんブログ村 資格ブログ">blogranking



↓☆独学者の強い味方!LECレジュメ販売!☆↓
10精撰択一答練<実力養成編>司法書士 精撰 択一
10精撰答練<ファイナル編>司法書士 択一
10的中書式演習講座的中 書式
10LEC全国公開模擬試験LEC 模試
10直前!全国スーパー公開模擬試験LEC 模試
スポンサーサイト
[ 2010/07/19 17:22 ] 司法書士試験 | TB(0) | CM(9)
SHUNさんこんにちわ。よしとんと申します。

お忙しい中、ご丁寧に解説頂き有難うございます!

いつもこちらのブログから勇気と元気をもらっています。

集約化について、とても参考になりました。

「後で確認できること、という条件さえ満たしていれば

どんなやり方でも問題ないと思います。」

というコメントに救われたような気がします。

私は今のところ六法に情報を一元化しています。

似たような制度や時効・履行遅滞の期間などを表にまとめて

貼りつけるなどの作業をしています。

ただ、六法だと直前期にこれさえ見れば大丈夫っていうものとは

程遠いなと考えています。条文自体が膨大ですし。。。

そこで、私も過去問に情報を集約しようと考えています。

以前、以下のような内容のコメントを見つけました。

-----------------------------------------------------

試験まであと2週間。でも今から過去問をやっても終わるわけがない。

終わらないとなるとやる気が出ない。

となってしまって試験前はあまり勉強が手に付かなかったりして大事なときに弱点が露出してきました。


これについては今年はいろいろ考え、対応すべくやり方を考えました。
----------------------------------------------------

SHUNさんはどのように対応されていたのかとても気になっています(笑)

お時間のある時にでも教えて頂けるととてもうれしいです。

どうぞ宜しくお願いいたします!

[ 2010/07/20 13:23 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/07/21 00:07 ] [ 編集 ]
六法にまとめるという方法もありましたね。
すみません。すっかり抜けてました。

今事務所にいる同期の方も
六法にまとめて勉強されていたようです。
付せんがいたるところにはられて
かなり書き込みがされてるようでした。

表については実戦択一カードと完全択一六法民法なんかがお勧めです。
六法に実戦択一カードのページを書いていけば
無理なくリンクできるかなとも思います。


>>これについては今年はいろいろ考え、対応すべくやり方を考えました。

って部分の近くに結構書いていたと思いますが、
とにかく過去問を解くときに、どこを間違えたかすぐにわかるようにすることです。

自分の過去問の問題ページ各肢の右端には、✔、△、▲なんかのメモが
大量にあります。
△が5個あったら、何回も解いてきた中で、
5回わからない部分があったことを表しています。
(肢の正誤はあってても解説ページに書いてある
「なお、○○の場合は~である。」のような問題とは直接関係ないけど
その周辺知識などがわからない場合など)

これがたまって繁雑になってきたら
例えば6回目からは▲を使う。と決めて▲を使ったり、
(これで最近わからない問題がすぐわかる。)

✔は完全に正誤を間違えた問題に使う。
(✔が多い肢は、要復習肢)

これで過去問を見れば自分の弱点が一目瞭然になります。

あと、過去問を解くときにルーズリーフに肢ごとの正誤を全て書いてるので
その年の1回目に間違えた問題、2回目に間違えた問題なんかが
すぐにわかるようにしてあったり、

とにかく最後の最後、ラスト一カ月~試験日の間ぐらい時間がない時に
いかに自分のわからない問題が、すぐに識別できるかを考えて
一年間記録を残してました。

これは精選択一問題集を解くときも似たようなことをやってました。
問題ページの一番下に、不安な肢を記録していくと、
毎回同じ部分ができていないのがすぐにわかるようになります。
こういうデータが試験直前の
「絶対一周終わらないからやる気出ない」状態を
「苦手肢だけならすぐに確認できる!」に変換させてくれます。

長くなりましたが、こんな感じです☆
[ 2010/07/22 00:14 ] [ 編集 ]
94条2項とか、177条対抗要件の第三者なんかは過去問でも
何度も出ているところなので2~3回まわせばちゃんと知識として
定着してきますよ!それまで我慢です!

アンダーラインについての記事を書いたか、下書きのままアップしてないか
忘れましたが、基本的に薄めのテキストに載っているものと、
過去問に出ているところは、全て覚えるべきところです。
覚えなくていいところはあまりないです。
もしアンダーラインを大事なところ(=覚えるべきところ)に引いたなら
(自分だったら)テキスト全てが埋まってしまいます(笑)

なぜ過去問に出てきてる問題は全て覚えないといけないかというと
どの受験生も過去問を使って勉強しているので、20年間のうちに
1度しか出ていない問題でも、全く出ていない問題よりも正答率が
高くなっているはず=落としてはいけない問題になるからです。

予備校のテキストは過去問をもとに作ってるので必然的に
ほぼ全て覚えることになるのかと。

もちろん講師が言った重要なところというのは、
本当に重要な問題なんでしょう。
この重要な問題の意味は、過去問で何度も出ているから、過去問にまだ出ていない条文判例通達先例なんかも見なさい!という意味です。基本的に、講師が重要と言ってなくても過去問に出ているところはまんべんなく覚えます。


「ある程度理解して」というのが、もしDVDを何度も見る。ということでしたら
過去問をやったほうがいいです。
講義DVDを何十回見ても覚えられないものは覚えられないです。

テキストを読むというのは全然OKだと思います。
いきなり過去問は本当に辛いので、
テキスト→過去問でいいのではないでしょうか??

最終目標は過去問を100%、+αの知識を得ることです。
(9割ぐらい取れれば、肢きりは突破できるはずです。)
最終目標が過去問を覚えることなので、
その方法はなんでもいいと思います。
肢ごとに一つ一つ問題文と解説を読んでいくのも
もちろんいいと思います。

自分も最初は1時間に10問もできないのはよくありました。

辛い時こそ一番自分の身になっている時間です。
楽な勉強(DVDを見るなど)は、楽な分リターンも少ない。
ぶっつけ過去問は確かに辛いですが、最終的な目標である過去問を
意識するには、効率的です。
ただ、挫折するのは避けたいので、なかなか難しいようでしたら
DVD→テキスト→過去問がいいのではないでしょうか。

自分は独学でDVDがなかったんですが、
もしDVDがあったら一度は聞いていたと思いますよ!


最後にアンダーラインについてですが、
アンダーラインは自分が覚えられない問題に引くのが効率的です。
後でアンダーラインだけ見れば自分の弱点だけをさっと見直せるので。
なので、自分は知識がある程度定着するまで(過去問2~3周まで)は
アンダーラインなんかは全く使いませんでした。
過去問も今では考えられないぐらいきれいでした(笑)


ご参考になればと思い率直な意見を書かせていただきました。
勉強の初めから過去問はかなり辛いとは思いますが、
威力は抜群です!!自分は半年で、1年半予備校に通っていた人より
点数がよかったです。(同じ大学なので偏差値は同じぐらい)
まずは半年頑張ってみて下さい!
だいぶ楽になるはずです!

頑張ってください!!
[ 2010/07/22 00:58 ] [ 編集 ]
SHUNさん

夜遅い時間にわざわざ小生のために解説頂き、
本当にありがとうございました。

もやもやっとしていたのがスカッと分かってしまいました。

分かったつもりなのかもしれませんが、

自分の中では非常に大きな一歩となりました。

後はやるだけ。

来年良い結果をご報告できるようがんばります。

また不明な点がありましたら質問させてください。

SHUNさんも毎日夜遅くまで大変だと思いますが、

お体には十分お気を付けください。

本当にありがとうございました!!

感謝感謝!!!!
[ 2010/07/23 12:13 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/07/26 12:47 ] [ 編集 ]
すっきりしていただいてよかったです☆

ただ、このやり方で注意点が一つ。


間違えたところに印をつけることで安心して

直前期で覚える量が半端ない!なんてことにならないよう

くれぐれもお気を付けください。


間違えたところのみの復習は短時間でさっとできるので

こまめにやると効果的です☆


頑張ってください!!
[ 2010/07/28 00:36 ] [ 編集 ]
民法残りの5回は債権の後半ぐらいから親族相続らへんですかね。
親族相続は暗記が多いので過去問を解いていけばOKかと思います。

債権は、相殺なんかは自分は苦手でした。
過去問を解いてて気になるところのDVDを見るっていうのも
いいかもしれないですね。

先に不登法やるのも全然いいと思います。
ご存知かと思いますが不登法は民法で定められた権利を
どうやって表していくかのルールを定めているので
民法の記憶が残っているうちにやったほうが
いいと思います☆

頑張ってください!!
[ 2010/07/28 00:42 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2015/06/07 01:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

司法書士 独学 司法書士 資格 LEC
楽天 司法書士 楽天 司法書士
ブログランキング
☆現在の順位をチェック☆
にほんブログ村 資格ブログへ

FC2Blog Ranking

ビジネスブログ100選
プロフィール

SHUN

Author:SHUN
独学で4回受験した、
平成21年度司法書士試験合格者です。

合格までの試験結果は、
H18→択一足きり
H19→書式足きり
H20→書式足きり(総合点越え)
H21→☆合格☆

職業:司法書士
趣味:スノボー!
保有資格:宅建、行政書士、ビジネス実務法務検定2級、FP2級、
簡裁代理権

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
04  10  07  11  10  06  04  03  02  01  12  10  09  08  07  05  04  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12 
買物
QRコード
☆携帯からも絶対合格☆
QRコード
司法書士試験用書籍
司法書士試験関係の書籍


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。