絶対合格司法書士 独学での勉強法

独学で司法書士試験に合格するブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

気持ちを入れ替えて勉強!英語と司法書士って。 

>>絶対合格司法書士トップページ

徐々に勉強再開!!
>>FC2ブログランキング
>>にほんブログ村 資格ブログ

とりあえずは、

TOEICの単語、文法は地道に少しずつやってます。

行政書士も地方自治法から。

ビジ法は1日1つと思いつつ。。。

あまり進まず。

教養として勉強してたFPと簿記3級は

一応全範囲は見たはず。



ところで、TOEIC勉強してるけど、、、

英語のできる司法書士ってどうなんでしょう。

司法書士の新展開司法書士 新展開」っていう本には

渉外業務も紹介されてたけど

特殊な案件な気がする。


でも仕事も多くないけど、

TOEIC900点で司法書士持ってます!って人は

かなり少ないと思う。(勝手な思い込み?)

受験生のブログ見てても

ほとんど英語のネタには触れないし。→他の受験生のブログは資格ランキングから☆

それなりの希少価値はある!…はず(笑)

まぁどちらにせよ英語の勉強は

法律の勉強より全然楽しいので

これからも続けますが☆


そういえば!

合格ゾーンのH21年単年版が発売されてました!!

たぶん基準点予想が最初の方に載ってるので

近いうちに立ち読みしてみます!

確かLの合格ゾーンに載ってる基準点の予想は

ほとんどはずれたことがない気がする!


そんなこんなで。

勉強頑張りましょう!

☆人気ブログランキング☆
↓現在233位の(笑)ランキングはこちら↓
人気ブログランキングへ
↓☆他のランキングはこちらから☆↓
ビジネスブログ100選にほんブログ村 資格ブログ


↓LECのホームページで割引券GET↓
LEC東京リーガルマインド
LEC 資格東京法経学院司法書士東京法経学院 資格東京法経学院 資格
↑☆模試、答練の申し込みもオンラインで☆↑
スポンサーサイト
[ 2009/08/20 03:10 ] 司法書士試験 | TB(0) | CM(12)
今日は仕事がお休みです(^▽^)
22年合格確実だなんて言って頂いてありがとうございます☆
会社法は条文がすべてだと思いますので、日々読んでます☆
去年宅建合格で、本格的に司法書士勉強を始めたのは、
働きながら2ヵ月前からですので、会社法ぐらいっきゃ勉強してないです
たぶん初受験は23年度になりそうです(>▽<)

国立大出身で英語が得意って、いやはや秀才です☆
新司法試験予備試験に英語が教養選択教科にあるみたいです☆
SHUNさんは司法書士試験は合格確実ですので、次は新司法試験に☆

以下題と関係なくてすいません(泣)
17年度第29問肢オで「?」な点がありまして…
解答の正誤はわかるんですが、
W出版の解説に、「新株予約権付社債権者の氏名が社債原簿に記載されるのは社債券が発行され、かつ、記名式社債の場合のみ」ってあるんですが、根拠条文681条4項に、そんなこと書いてないんです…

681条4号は、社債原簿には原則、社債権者の氏名、名称、住所が記載される(但し、無記名式社債券が発行されている場合は除く)とあるだけで、
社債券が発行され、かつ、記名式社債券が発行されている場合のみ、社債原簿に社債権者の氏名が記載されるという、W出版の解説は「?」です

社債券は、社債発行会社が任意で発行でき、発行されている
場合は記名式と無記名式社債券に分かれる(698条)だと
思います

同じく、「新株予約権付社債権者の氏名が、新株予約権原簿に氏名が記載されるのは、記名式社債券が発行されている場合のみ」と解説が続いてますが、「?」なんですっ
根拠条文249条3号イ及び2号に、そんなこと書いてません
社債券は698条で任意だと書いてます
249条3号及び681条4号は、社債券が発行され、かつ記名式社債券が発行されている場合のみ適用す、とは書いてません

あと702条但し書で、「(社債管理者を置かなくていい場合として、)会社法施行規則169条、ある種類の社債の総額を当該種類の各社債の最低額で除して得た数が50を下回る場合」とありますが、
「各社債の最低額」の定義がわかりません
676条2号に「各募集社債の金額」とありますが、
同じ種類(種類の定義は681条1号に)なのに、社債の金額に差があるということですか?
さらに、各種類ごとに上計算を行い、たとえ1種類といえ該当があったら、社債管理者を置かなければ
ならないんですか?

長々と失礼しました(T▽T)


[ 2009/08/21 13:53 ] [ 編集 ]
来年受けないんですか?
なんかもったいないですね。
でも働きながらだとやっぱり勉強大変ですもんね。

秀才だったら司法書士1発合格してますよ↓↓
予備試験はわかりませんが、
新司法試験受験者は丸々2年間(か、3年間)朝から晩まで
勉強してる方々ばかりなので、
予備試験受かったぐらいじゃ太刀打ちできないんじゃないんですかね?
自分は司法書士合格してたら満足です☆


> 社債券が発行され、かつ、記名式社債券が発行されている場合のみ、社債原簿に社債権者の氏名が記載されるという、W出版の解説は「?」です

自分にも「?」です(笑)
たぶん文さんご指摘のとおりであってると思います。
新株予約権原簿のほうもちょっと「?」ですね。
合格ゾーンの解説は、
「…記名式の新株予約権付社債券の場合には、社債原簿に社債権者の氏名が記載される。なお、記名式の新株予約件付社債については、新株予約権原簿にも新株予約権者として氏名等が記載又は記録される。」
とあるので、これが確認できてれば充分じゃないですか?


> 676条2号に「各募集社債の金額」とありますが、
> 同じ種類(種類の定義は681条1号に)なのに、社債の金額に差があるということですか?

たぶん差があるんじゃないんですか?
681条によると、676③~⑧までに掲げる事項…ってあるので、
社債の金額により種類分けはしないみたいですよね。
同じ利率や、償還方法なら、違う時期に違う値段でも、
同じ種類みたいな認識してました。


> さらに、各種類ごとに上計算を行い、たとえ1種類といえ該当があったら、社債管理者を置かなければ
> ならないんですか?

というか、会社法上原則として社債管理者を置かなければいけないって
規定されてると思います。
置くのが当然という考えです。
例外的に社債管理者を置かなくてもいい場合が規定されてるに
すぎないので、たとえ1種類でも該当したら、通常通り置くべきだと思いますよ。
置くのが普通なんです。


どんどん質問が出てきて文さんすごいですね!!
自分は全然考えず進んでました(笑)

頑張ってください☆
[ 2009/08/22 01:34 ] [ 編集 ]
681条 会社は、社債を発行した日以後遅滞なく、社債原簿を作成し、これに次に掲げる事項
(以下この章において「社債原簿記載事項」という)を記載し、又は記録しなければならない

4号 社債権者(無記名社債(無記名式の社債券が発行されている社債をいう 以下この編において同じ )の社債権者を除く)の氏名又は名称及び住所

社債原簿には、「社債券が発行され、かつ、記名式の場合のみ、社債原簿に社債権者の氏名が記載される」って書いてないーーーーーー(涙)
社債券って任意発行じゃーん(698条)(涙)
原則は、社債が発行されたら社債原簿に、氏名又は名称及び住所 を記載
ただ、社債券が発行され、かつ、無記名な場合のみ、記載は不要ですとかっこ書に…
合格ゾーン「…記名式の新株予約権付社債券の場合には、社債原簿に社債権者の氏名が記載される なお、記名式の新株予約件付社債については、新株予約権原簿にも新株予約権者として氏名等が記載又は記録される」
「記名式の新株予約権付社債券の場合には」って合格ゾーンさえ、限定表現っ(涙)

249条(新株予約権原簿)  株式会社は、新株予約権を発行した日以後遅滞なく、新株予約権原簿を作成し、次の各号に掲げる新株予約権の区分に応じ、当該各号に定める事項(以下「新株予約権原簿記載事項」という)を記載し、又は記録しなければならない

3号  前2号(無記名式新株予約権(付社債))に掲げる新株予約権「以外」←の新株予約権 次に掲げる事項
イ 新株予約権者の氏名又は名称及び住所

余談ですが、新株予約権証券発行は任意です(236条1項10号)
上「以外」には、新株予約権付社債が発行されている場合は記名式に限ると、
どう読んだって限定されないと…(涙)
だって新株予約権付社債って、絶対に社債券を発行しなきゃいけないわけじゃないと…(涙)

誰だっていいから、納得させてー(T▽T)(←オイッ)

社債管理者解説、ありがとうございます♪ 理解済ですっ
[ 2009/08/22 21:57 ] [ 編集 ]
さらに質問です(>▽<)
条文を読み進めれば読み進めるほど、疑問点が発生で(笑)

623条(有限責任社員の利益の配当に関する責任)
1項 持分会社が利益の配当により有限責任社員に対して交付した金銭等の帳簿価額(以下この項において「配当額」という)が当該利益の配当をする日における利益額(持分会社の利益の額として法務省令で定める方法により算定される額をいう 以下この章において同じ)を超える場合には、当該利益の配当を受けた有限責任社員は、当該持分会社に対し、連帯して、当該配当額に相当する金銭を支払う義務を負う

2項 前項に規定する場合における同項の利益の配当を受けた有限責任社員についての580条2項の規定の適用については、同項「を限度として」とあるのは、「及び623条1項の配当額が同項の利益額を超過する額(同項の義務を履行した額を除く)の合計額を限度として」とする

とあります
1項は「当該配当額に相当する金銭を支払う義務を負う」
2項は「623条1項の配当額が同項の利益額を超過する額(同項の義務を履行した額を除く)の合計額を限度として」
とあり、配当額相当金銭(配当額全額)を支払う義務を負うのか、利益額超過部分の合計額を支払う義務を負うのか「?」です

[ 2009/08/22 22:07 ] [ 編集 ]
債権法改正前に、合格が理想ですっ
ただ、働きながらじゃないと、
なにかと面倒でっ(涙)
[ 2009/08/22 22:21 ] [ 編集 ]
返事遅くなってすみません。
土日ちょっと時間がなくて(>_<)


> 1項は「当該配当額に相当する金銭を支払う義務を負う」
> 2項は「623条1項の配当額が同項の利益額を超過する額(同項の義務を履行した額を除く)の合計額を限度として」
> とあり、配当額相当金銭(配当額全額)を支払う義務を負うのか、利益額超過部分の合計額を支払う義務を負うのか「?」です


1項は、「…利益の配当を受けた有限責任社員は、当該持分会社に対し、連帯して、当該配当額に相当する金銭を支払う義務を負う。」とあるので、利益配当を受けた社員は、連帯して配当額に相当する金銭を支払う義務を負います。これは会社に対し配当額を支払う義務を負わせる規定です。

2項をそのまま読み替えると
「前項に規定する場合における同項の利益の配当を受けた有限責任社員は、その出資の価格(…)及び第623条1項の配当額が同項の利益額を超過する額(…)の合計額を限度として、持分会社の債務を弁済する責任を負う。」
2項は580条2項の有限責任社員の責任に関する規定の読み替えですから
1項と2項は全く別の責任を定めたものです。
原則として出資額を限度とする有限責任社員の責任を、
利益額以上の配当を受けた場合に
有限責任社員の責任を、利益超過額分増加させるというものです。

質問を見ると1項も2項も持分会社への
責任を定めたものだと勘違いしているように見えます。
わかりずらければ、一回絵に書いて
検討してみるとわかりやすいですよ。
[ 2009/08/25 00:50 ] [ 編集 ]
解答ありがとうございます(^▽^)
責任の方向性が、1項は持分会社、2項は債権者に対す
ということだったんですねっ

ふと疑問に思ったんですが、この場合の有限責任社員は
持分会社にも配当額相当額を返さなきゃいけない
債権者には利益額超過分をかえさなきゃいけない
とすると、

利益額500、有限責任社員への配当額合計700
だとしたら、どういう風に返すんでしょうか?
配当額合計ー利益額=200(利益額合計)になりますから、
配当額受領社員が連帯して200を債権者に返すとして、
未返済配当額は500になります
債権者優先で200返済、500を持分会社に
返せばいいって感じですか?(>▽<)
ということは、1項の「配当額に相当す金銭」=500ですか?
[ 2009/08/25 01:38 ] [ 編集 ]
配当額合計ー利益額=200(利益額合計)
ではなく、
配当額合計ー利益額=200(利益超過額合計)ですっ
[ 2009/08/25 01:44 ] [ 編集 ]
> ふと疑問に思ったんですが、この場合の有限責任社員は
> 持分会社にも配当額相当額を返さなきゃいけない
> 債権者には利益額超過分をかえさなきゃいけない
> とすると、

債権者には利益額超過部分を「かえす」わけではないです。
会社の債務を社員が払うことと(580条)
623条1項の責任は別問題です。
580条1項を読んでみてください。


> 利益額500、有限責任社員への配当額合計700
> だとしたら、どういう風に返すんでしょうか?
> 配当額合計ー利益額=200(利益額合計)になりますから、
> 配当額受領社員が連帯して200を債権者に返すとして、
> 未返済配当額は500になります
> 債権者優先で200返済、500を持分会社に
> 返せばいいって感じですか?(>▽<)
> ということは、1項の「配当額に相当す金銭」=500ですか?

債権者優先…??
623条1項と2項(=580条2項読み替え)は全然違うことを言ってます。

会社が元々債権者対し債務を負っていて
その債務の弁済ができなかったときに
社員が払わないといけない限度を定めてるのが580条です。
で、有限責任社員は本来出資額でいいけど
623条2項によりその額を利益超過分プラスしますよって言ってるだけです。
普通に考えて債権者に対する債務を払うのは持分会社です。


配当額700だったら連帯して700を会社に対して支払う債務が生じます。(623条1項)
もし会社の責任財産で支払うことができなかったとき
有限責任社員は出資額+200を限度として
債権者に支払う義務を負います。(2項)
なので別に利益額を超える配当があっても
直ちに債権者に対して会社にかわり弁済する義務が生じるわけではありません。

(ただし、合同会社の有限責任社員については630条等に特則があります。)

ってこんなに言ってからなんですが、、、

(条文を見る限りあってると思いますが)
ほとんど見てないところなので
間違ってたらすみません(笑)
[ 2009/08/25 02:19 ] [ 編集 ]
丁寧な解説、ホントにありがとうございます(^▽^)
納得させて頂きましたっ♪

>配当額700だったら連帯して700を会社に対して支払う債務が生じます(623条1項)
もし会社の責任財産で支払うことができなかったとき
有限責任社員は出資額+200を限度として
債権者に支払う義務を負います(2項)

ご指摘通り、623条2項は合同会社は適用しませんねっ (630条3項)

これ以上最高の解答はないですっ(>▽<)
[ 2009/08/25 08:19 ] [ 編集 ]
日々暑いですが、体調をくずされぬようお願いしますっ☆
[ 2009/08/25 09:02 ] [ 編集 ]
ホント暑くてきついですよね。
今日はまだよかったですが(^^;)

文さんも勉強頑張りすぎて
体調くずさないように気をつけてくださいね!
[ 2009/08/26 03:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

司法書士 独学 司法書士 資格 LEC
楽天 司法書士 楽天 司法書士
ブログランキング
☆現在の順位をチェック☆
にほんブログ村 資格ブログへ

FC2Blog Ranking

ビジネスブログ100選
プロフィール

SHUN

Author:SHUN
独学で4回受験した、
平成21年度司法書士試験合格者です。

合格までの試験結果は、
H18→択一足きり
H19→書式足きり
H20→書式足きり(総合点越え)
H21→☆合格☆

職業:司法書士
趣味:スノボー!
保有資格:宅建、行政書士、ビジネス実務法務検定2級、FP2級、
簡裁代理権

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
04  10  07  11  10  06  04  03  02  01  12  10  09  08  07  05  04  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12 
買物
QRコード
☆携帯からも絶対合格☆
QRコード
司法書士試験用書籍
司法書士試験関係の書籍


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。